食物を摂取した後、数時間から数週間後に症状が出現する食物アレルギーのことを、「遅発型フードアレルギー」といいます。
即時型アレルギーのように命に関わるような重篤な症状が現れることは稀ですが、頭痛、めまい、うつ、などの精神神経症状、肩こり、慢性疲労や、便秘・下痢などの腹部症状、肌荒れ、にきび、アトピーなどの皮膚症状など、現れる症状は多彩で症状が現れるまでの時間が長いため、原因となる食物とその症状との関係がわかりにくいのが特徴です。


このような遅発型フードアレルギーは、体調不良あるいはメンタルの不調として片付けられるような症状を引き起こす原因となることがあります。




人間が持つ脂肪細胞には、2つの種類があります。ひとつが「褐色脂肪細胞」といわれる、余分なカロリーを熱に変えてくれる脂肪細胞ですが、これは歳とともに減少してしまいます。もうひとつが「白色脂肪細胞」といって、全身のあらゆるところ(特に、下腹部、お尻、太もも、背中、内臓周りなど)にあり、余分なカロリーを中性脂肪というかたちで溜め込む働きを持つ細胞です。


アレルギー反応により慢性的な炎症が体内で起こり、白色脂肪細胞がダメージを受けて肥大化します。さらには、筋肉が糖質を摂り込み、エネルギーにするのを妨げてしまう作用があるそうです。つまりは、パンや牛乳、卵など遅発型フードアレルギーも持っている食材を、毎日無意識で摂っているうちに、太りやすく痩せにくい体質になっている可能性があるのです。










即時型の検査と違って、保険がきかないため安くても3万、高いクリニックだと4万以上…。
ネットでキットで安価に検査できるところもあるけれど、自分の身体のことなので
できれば、直接説明を聞いたり、結果に対してのフォローが欲しい!














有料(5,000円/90分)にて、検査結果と最近の健康診断の血液
検査結果1週間分の食日記をもとに、栄養士(鮎田先生)による
食カウンセリングを受けることができます。




→ 食カウンセリングの詳細はこちら

結果レポートサンプル

※ ご予約の前日18時までにご連絡頂きました場合、変更料、キャンセル料はかかりません。それ以降のキャンセルについてはキャンセル料としてご予約メニューの一回分の合計金額を、お時間変更についてはご予約メニューの半額を頂戴いたします

※ 担当インストラクター、施術者を指名する場合は指名料として一回につき1,080円を頂戴いたします

※ すべてのメニューミネラルウォーター1本を無料サービスいたします